年末の足しに

そろそろ年末に突入しますね。
本当に1年が終わるのが早いという感じで、師走に向けての準備をしなくてはならないのかなと思ってしまいます。
 
この時期ですとお歳暮に何を買って送らないとならないのかとか、クリスマスケーキやお節料理は何処のお店にしようかとか、お正月に配る予定のお年玉はいくら必要なのかなど、お金が掛かる話が多くなってしまい、しまいには貰えるかどうかすらわからない旦那のボーナスの金額を予想してしまいます。
あと5万円くらいあればお節料理のランクを上げたり、年末のお菓子を少し多めに買っておくことができるのにと思ってしまうのと同時に、主婦でも借りれるカードローンにフラフラと融資を受けてしまうこともあります。
まあ返済できないと離婚問題へと発展してしまいますので高額に借りるわけではないですが、最近は主婦でも借りれるカードローンできるプランがある金融機関もあるので、計画的にお金を借り入れしちゃうのです。
 
とくに今年は子供の学費で出費が多かったので、節約することが多いこともあって年末年始はちょっと奮発をしたいのよね。
それがなかったら何のために遣り繰りしているのかが分からなく心も荒んでしまいますので、年に1回なら主婦でも借りれるカードローンで豪華にしちゃうのもいいんじゃないの?

債務整理した事がある場合のカードローンの利用について

過去に債務整理した事がある場合のカードローンの利用についてお話します。自己破産や任意整理などの債務整理をしてしまいますと一定期間の間は審査に通らない状態が続いてしまいますけど、一定期間を過ぎれば再び利用する事ができます。

ただ、カードローンの申込みをする前に一度自分の信用情報を開示しておくようにします。自己破産ですと約10年ぐらいなど、どれくらいの期間記録されているかはある程度は決められていますけど詳しくは分からないのが現状です。そこで一度確認して、削除されていたらカードローンの審査に受ける方が確実です。もし自分の憶測だけで既に削除されていると思って利用した時に、まだ記録されている事もありますので憶測で考えずにきちんと開示して確認するようにします。または無担保でも借りれるローンもチェックしておきましょう。

無担保ローン

また、債務整理した時の日付をきちんと覚えておきます。そうすることでだいたいいつ削除されるのかが分かり、開示する時期を決める事ができます。また開示する時には少し時間がかかります。

旅行と収入減から節約生活してきた

お金に困って最近までずっと節約生活をしていたのですが、ようやくちょっと贅沢しても良いかなというぐらいに生活が安定してきました。
今年に入ってすぐに旅行をしたのですが、その時は生活が安定していたので大丈夫だろうと散財をしたのですが、なんとそれから収入が激減し、一気に生活が苦しくなってしまったのです。

それからひたすら節約で、外食一切なし、娯楽はネットと散歩だけみたいな生活をして過ごしていました。
そういう節約生活自体はいいのですが、旅行していた頃は次はどこ行こうかな、毎月旅行してやろうかな、などと考えていたのでその落差が精神的にきつかったです。

余裕ができた現在ですが、また考えなしに使うとあっと言う間に節約生活に戻ってしまうと自分を戒めている今日この頃なのでした。